職務経歴書の書き方ナビ

転職・就職・アルバイトの書類選考で勝てる魅力的な職務経歴書の書き方のノウハウを紹介しています。職務経歴書をこれから書く方に参考になると思います。事務職・営業職・医師・看護師などの職務経歴書の書き方も紹介中。

どこを見る?

職務経歴書【WHere】編

誰が見るのかを考えて、職務経歴書の書き方がぼんやりとわかってきました。そう大切なことは・・・

採用する側の人間にとって、この職務履歴書を書いた人物が、自分達の会社に役立つ男だとわからせることです。

職務経歴書の【Where】を見ているのか?もうわかりましたよね。

能力的なものや、キャリアなど大切なものがありますが、もっと大切なもの。それは、あなたのやる気。会社に入ってから、一緒に仕事をしていって、楽しいのか?職務経歴書を見ながら、あなたの人間性を見ているのです。間違いない(思い込み?)。

・・・というわけで、僕は、職務経歴書に書きなぐりました。僕のやる気を!!

これが、僕の職務経歴書の書き方です。経歴があれば、そのまま、ありのまま、職務経歴書にキャリアを書けます。でもないなら、やる気を伝える。なんなら、書類を送った若しくは、面接に行く企業の職務経歴書に、「俺を採用しないと損するぜぇ〜!!」ということを強烈にアピールすること。これが一番大切。

実は、能力があっても、知識はあっても、現場ではあまり活躍できない人というのもいます。それは、きっと、「やる気」の問題かと思います。「やる気」がある人は、どんな仕事を任せても、最後まで投げ出さずにやり遂げてくれますからね。

職務経歴書の書き方として、究極は、自分の熱意に巻き込むことでしょう!

「やる気」があれば、職務経歴なんて関係なし!これに気づけば、既存のマニュアルの職務経歴書の書き方なんて必要なしですね。